変形性膝関節症を予防するために必要な栄養成分

関節軟骨を健康にする

膝

軟骨の主成分を摂る

変形性膝関節症は、立ち上がりや動いた時に膝の関節部分が傷み、水が溜まることです。進行すると階段の上り下りだけでなく、安静時にも痛みが出るようになり歩くのが難しくなります。関節軟骨が加齢によって劣化したことや肥満などで足が体を支えられなくなっていることが原因です。症状が軽ければ、太ももの筋肉を鍛えて肥満であればダイエットするなどして、膝を温めてマッサージすることも良いと言われています。また、軟骨の主成分となるプロテオグリカンはコンドロイチンやグルコサミンなどから作ることが出来ると言われています。コンドロイチンやグルコサミンを積極的に取るようにして、適度に運動を心掛けておけば変形性膝関節症の症状改善や予防になります。

骨を助ける栄養

変形性膝関節症の治療には、症状が軽い初期の段階であれば痛み止めやシップなどを使ったりヒアルロン酸の注射を関節にすることもあります。膝を温めたり、動かしやすくするためにリハビリをすることもあります。歩行をサポートするためにサポーターを装着したり、症状が重い時は変形した関節部分を矯正する手術が行われることもあります。しかし、やはり栄養を十分に摂ることも変形性膝関節症の症状改善には欠かせません。骨や筋肉の材料となるタンパク質を積極的に取り、軟骨の働きを助けるビタミンC、カルシウムの吸収をサポートするビタミンD、代謝を助けるビタミンB、骨の成長に必要なビタミンA、細胞が酸化するのを防ぐビタミンEを摂取することも大切です。

膝の痛みの原因と治療法

老夫婦

変形性膝関節症は、決して珍しい病気ではありません。もし発症してしまった場合は、きちんと医師と相談し、自分に合った適切な治療をすることが大切です。変形性膝関節症の治療によって、健康な脚を取り戻すことが出来ます。

More Detail

症状が進まないうちに

サプリメント

初期や中期の変形性膝関節症の症状には健康食品の活用がお勧めで、進行を遅らせるなどの一定の効果を得ることができます。また、筋力トレーニングを生活の中に取り入れることによって予防することも大切なことです。

More Detail

膝関節の痛みを伴う症状

お年寄り

変形性膝関節症の治療は大きく二つの治療方法があります。一つは保存療法と言って簡単な運動や内服薬、サポーターを使った治療方法です。二つ目は、手術療法といって手術を伴う治療方法です。最近では、ヒアルロン酸注射を使った治療もあります。

More Detail