変形性膝関節症を予防するために必要な栄養成分

膝関節の痛みを伴う症状

お年寄り

ヒアルロン酸を使った治療

変形性膝関節症の治療にはヒアルロン酸注射が運動治療と並行して受けられるケースが多く見受けられています。ヒアルロン酸は軟骨の主成分でもあり、これを注射によって軟骨がある関節内部に注入していきます。ヒアルロン酸には、軟骨を保護して変形性膝関節症の炎症を取る効果だけでなく、軟骨の破壊を事前に防ぐ働きがあります。ヒアルロン酸注射は、最初の段階では1週間に1回のペースで注射するのを5週間続けていきます。その段階が終わったら2週間に1回を5回から10回かけて、変形性膝関節症の痛みを取っていきます。ヒアルロン酸注射のメリットは、何といっても手術などを受け多時の外的ダメージがないことがメリットです。また、元々体内にある物質を取り入れるためアレルギー反応も起きにくいです。

治療方法

変形性膝関節症の治療では、すり減ってしまった関節軟膏を完璧に戻すことはできませんが、痛みを和らげたり機能を回復させて普通の生活を送る状態まで回復させることが可能です。変形性膝関節症の治療には大きく二つの種類に分けられ、保存療法と手術療法があります。保存療法には日常生活で改善できる基礎療法や内服薬などの薬物療法、湿布やアイスパックを使った物理療法、サポーターや杖を使った装具療法があります。手術療法では、保存療法では効果が出なかった場合や膝の痛みで日常生活が著しく不自由である場合にも適応されます。手術後は一定期間の入院やリハビリなどが必要になります。ひどすぎない変形性膝関節症の治療には、保存療法の中でも基礎療法が適切です。